情報元 : 「スマート農業」活用した実証プロジェクト(新潟県) https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190529-00000434-teny-l15

 最先端の技術を活用した「スマート農業」を使って作業を効率化し、生まれる余った人員で高い収益の農作物を栽培するという、複合経営モデルの実証プロジェクトが新潟市で始まった。
 実証プロジェクトには新潟市のほか、農機メーカーのクボタや農業生産法人の白銀カルチャーなど11社が参加している。
 29日は大豆を栽培する畑に、連携する事業者が集まり、スマート農機の実演などが行われた。
 実演が行われたのは、自動で動く耕うん機と自動操舵システムを装着したハンドル操作がいらないトラクターだ。
 監視のため1人はトラクターに乗るが、1人で2台を同時に動かす。
 一方、コメを栽培する田んぼには自動給水栓が設置されている。
 時間を設定することで自動で田んぼに水を入れることができる。
 スマートフォンを使えば水位の状況も管理できるので、稲の生育状況に応じ、遠隔操作することも可能だ。
 今回のプロジェクトはコメと大豆の栽培に、最先端技術を活用したスマート農業を組み合わせることで、労働時間を大幅に削減する。
 作業を効率化することで、余った人員で収益性の高い枝豆を栽培しようというのだ。
 農業人口が減る中で経営の大規模化に対応し、経営の安定化や所得の向上を目指す。
 新潟市農林水産部の二神健次郎部長は「この2年間で、実証して効果を明らかにしたり、いろんな農家の人にも見ていただいて取り組んでいこうと思っています」と話した。
 実証プロジェクトが行われるのは2年間。
 集められたデータを分析し、スマート農業の複合経営モデルの普及に役立てる。

情報元 : NGT48、山口真帆ら卒業3人の「最終活動日」を発表 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190506-00000157-sph-ent

 昨年12月にファンの男性から暴行被害を受け、今月18日にNGT48を卒業する山口真帆(23)と、長谷川玲奈(18)、菅原りこ(18)の今後の活動が6日、グループ公式サイトで発表された。【写真】最後の握手会に参加した山口真帆 山口は18日に長谷川、菅原とともに新潟市のNGT劇場で卒業公演を行う。公式サイトでは「出演メンバーは急きょ変更になる場合がございます。ご了承ください」としつつ、今後について、「先般、卒業を発表しました山口真帆の最終活動日についてお知らせいたします」と報告した。
 動画配信サービス「SHOWROOM」は19日午後12時をもってルームを閉鎖。NGT48 Mail、アプリ版NGT48 Mail、NGT48 Mobile フォトログも19日で終了する。(フォトログの閲覧は6月19日午後11時59分59秒まで)ファンレターとプレゼントの受け付けは6月18日到着分までという。
 また、ダウンロードコンテンツは5月19日午後11時59分59秒までの配信になる。
 ツイッターとインスタグラムの運用については、後日発表される。
 山口はこの日、パシフィコ横浜で、自身最後となるAKBグループの握手会に出席。その後、ファンとの記念撮影会で涙ながら「これからまた皆さんに会えるように頑張りたいと思うので、『またね』って言わせて下さい」とあいさつした。

新潟市の近くに住んでいる僕の人妻セフレは、
40代後半のカワイイ系。
整った顔立ちで、清潔感にあふれ、透明感抜群の透き通るような肌の持ち主です。
アダルトSHOPでセクシー下着を買った後、

新潟市の綺麗なラブホに行った時、

小さい声ですが、セフレのあえぎ声が聞こえてきます。
セフレの息が荒くなります。
ベットの上では豹変してしまうというAF大好き人妻です。
乳首がかなり弱いらしく攻めると可愛い声で喘ぎます。
思わずペロペロ&チュッチュッしました。
相性が良いと感じた。

NGT48暴行事件の温床、私的つながり求める「厄介」ファン 危機管理失敗した運営の罪、今も続く臆測

 アイドルグループNGT48の山口真帆さん(23)が顔をつかまれるなどの暴行被害を受けた事件について、第三者委員会(委員長・岩崎晃弁護士)の調査報告書が公表されました。浮かび上がるのは事件の悪質性、そして事件への関与は認定されなかったものの、プライベートで一部の悪質なファンと「つながり」を持っていたメンバーが疑いを含めて相当数いたことです。運営会社AKSの安全管理の不備も多く指摘され、危うい構造の中で、アイドル活動が続けられていた深刻な実態が垣間見えます。【画像】事件前、武道館のステージに立つ山口真帆さん メンバーと見せた笑顔 事件後に起きたことも表に

 22日に新潟市内で開かれたNGTの運営会社AKSの松村匠取締役ら3人の会見は、前代未聞の展開となりました。ネットでの生中継を見たと思われる山口さんが会見中、「私は松村取締役に謝罪を要求された」とツイッターで発信し、それをもとに記者が質問。会場の雰囲気が一変しました。

 松村氏が謝罪要求について、「事実ではないことと実感しております。要求はしておりません」と否定すると、山口さんは、「なんでうそばかりつくんでしょうか」、「なんで事件が起きてからも会社の方に傷つけられないといけないんでしょうか」などと計5回、相次いでツイッターで発信。松村氏は「おっしゃる通りかもしれません。精いっぱいコミュニケーションを取ってきたつもりですが、不足しているんだなと思います」などと釈明しました。

 松村氏は今後に向けてメンバーとのコミュニケーションの必要性を強調しましたが、事件から3カ月余。山口さんと運営の間に覆いがたい深い溝があることが鮮明になりました。

 同時に、事実をきちんと公表しようとせず、メンバーのことを第一に考えて問題解決に向き合っているのか疑問符がつく応答が、松村氏らにより、1月の囲み取材に続いて、またも繰り返されました。

 元SKE48のメンバー矢神久美さんはツイッターで、運営の対応について、「腹が立って仕方がない。一人の子の人生をめちゃくちゃにしてまで、守りたいものがあるの?」などと批判しています。自らの現役時代は、家を特定したり、待ち伏せしたりした人にスタッフがしっかり対応してくれたとも記しています。

掲載URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190325-00000001-withnews-ent

↑このページのトップヘ